青汁でがん予防・生活習慣病予防

青汁でがん予防・生活習慣病予防

青汁を飲むと様々な健康効果を得ることができます。
デトックス効果、アンチエイジング効果、ダイエット効果、美肌効果など。
そんな青汁の健康効果の中でも、最も注目すべき効果ががん予防、生活習慣病予防効果です。
どうして青汁を飲むだけで、がん予防や生活習慣病予防ができるのでしょうか。

がん、生活習慣病に関わらずどんな病気でも、体が元気であることが大事です。
健康であれば、体調が崩れる可能性も低くなります。
青汁には野菜の栄養が凝縮されているので、普段野菜をあまり摂れないという方にピッタリの飲み物です。
栄養バランスが優れている青汁を飲むと、野菜不足が解消されて体が健康になります。

青汁には様々な栄養が入っていますが、その中でも特にがん予防、生活習慣病予防に効果がある成分をご紹介します。
ベータカロテンは緑黄色野菜に含まれている成分で、非常に強い抗酸化作用があるので、DNAの損傷を防いでガンを防ぐことができます。

クロロフィルは緑色の色素で、強力な抗酸化作用、抗炎症作用、免疫力アップ効果があります。
染色体異常の発生を防いでくれるのでガンを予防してくれます。

食物繊維は腸をスッキリさせてくれるので大腸がん予防、生活習慣病予防に効果を発揮してくれます。

クマリンとカルコンはどちらも明日葉青汁に多く含まれる成分です。
クマリンもカルコンも抗酸化作用が強力な成分なので、抗がん作用、がん細胞を死滅させる働きがあります。

最後にSOD酵素は大麦若葉に多く含まれている成分です。
生活習慣病、がん予防だけではなく、糖尿病予防にも効果を発揮してくれます。
SODを投与してがんを治療している医療機関もあるんですよ。

このように、青汁には多くのがん予防、生活習慣病予防効果のある成分が入っています。
最近の青汁は飲みやすいものが多いので、ストレスなく毎日飲むことができますよね。
がん予防、生活習慣病を予防したい方、健康な体でいたい方はぜひ青汁を飲み続けてください。

ページのトップへ戻る