大麦若葉の青汁の効果効能

大麦若葉の青汁の効果効能

青汁によく使われている原料が大麦若葉です。
大麦若葉は生野菜のままではスーパーでまず目にすることがありません。
なんとなく「大麦若葉は体に良い」という印象がありますが、実際に大麦若葉はどのような効果や効能があるのでしょうか?
大麦若葉は、その名の通り「大麦の若葉」です。
大麦はビールや麦茶などの飲み物、味噌や醤油などの発酵食品の原料として使われています。
青汁の原料となるのはは、穂をつける前の若い葉の部分です。
新鮮な大麦若葉は見た感じ美味しそうですが、そのまま食べることはほとんどなく青汁の原料として使われます。

大麦若葉は食物繊維、カルシウム、ビタミン、ミネラル、SOD酵素が豊富に含まれています。
SOD酵素とは、抗酸化作用のある酵素。
これらの栄養をバランス良く含んでいるので、大麦若葉はスーパー野菜ともいわれています。

大麦若葉の健康効果は、ダイエット効果(脂肪燃焼効果)、アンチエイジング効果、美肌効果、生活習慣病予防が挙げられます。
大麦若葉には体内にある脂肪燃焼を行う酵素を活発化させるビタミン、ミネラルが多く含まれているので、ダイエット&脂肪燃焼効果があるのです。

先ほど紹介したSOD酵素の作用で、アンチエイジング効果、美肌効果も得ることができます。
酵素の力で細胞の老化を抑制したり、肌の新陳代謝を活発化させるので、年齢を感じさせない体になることができるのです。
さらに、糖尿病、高血圧などの生活習慣病の予防も、SOD酵素の力で阻止することができます。

これほどの健康効果がある大麦若葉。
その効果を青汁として摂取するのではなく、そのまま野菜として摂取したほうが良いのではないか?と思われるかもしれませんが、大麦若葉は固い食物繊維でできているので、そのまま食べることが不可能です。
ですから、大麦若葉は青汁として飲むことが一番です。
青汁で使用されている大麦若葉は、新鮮なうちに絞ったり加工しているので、大麦若葉の効果をダイレクトに摂取することができます。
大麦若葉の青汁を飲んで健康的で美しい体を手に入れましょう。

ページのトップへ戻る